白帯復活

投稿日: カテゴリー

きょうは夜勤明け後、その足でパノラマカー白帯車の復活記念列車に乗ってきました。

今回は混雑回避のため、始発の中小田井駅で乗車整理券が配られます。
自分が着いたのは配布開始から30分くらい過ぎてからだったので、
すでに座席は配布終了。先頭4号車前側の立席になりました。

出発30分前に改めて整列して、10分ぐらい前にホームに上がります。
そして、定刻より若干遅れて記念列車が入線してきました。
停車時間がわずかなので、特にセレモニーもなくあわただしく乗車、出発となりました。

記念列車は扶桑までノンストップで走り、特急と普通を待避。
扶桑での停車時間はプチ撮影会となっていました。
扶桑から先、犬山までは普通列車の後追いなのでノロノロ運転。
そして、犬山・犬山遊園・新鵜沼で運転停車の後、終点の三柿野まではノンストップでした。

三柿野駅では入換作業のあと1番線に据え付けられて、撮影会となりました。
岐阜基地航空祭以外でこんなに人であふれ返っている三柿野駅、初めて見ました。(^^;

白帯車

一通り写真をとったあと、岐阜駅へ移動。路面電車がなくなり、駅ビルも取り壊されて、
すっかり様子が変わってしまっていたので、ちょっと驚きました。

軽く昼食を済ませたあと、13:13発の須ヶ口行き普通に乗車。
特急や急行でなく、あえて普通を選んだのは、パノラマカーに乗るためです。
この日はトップナンバーの7001編成が入っていました。

7001F

途中、新木曽川と国府宮で後続に道を譲りながら、50分もかけて走ります。
JRの快速なら岐阜~名古屋は17分なので、3倍以上の遅さです。(^^;

名古屋からは犬山線の快速特急で犬山遊園に向かい、
年末で廃止予定のモノレールに乗ってきました。
行きの動物園行きはがらがらでしたが、帰りは遊園地帰りの家族連れで立客も出るほどでした。

犬山遊園に戻った後、駅近くでモノレールの走行風景を撮影。
お寺の境内をかすめ、ケヤキの巨木の下をくぐっていくなんともローカルな風景です。

モノレール

その後は日も傾いてきたので上小田井まで戻り、
駅近くの駐車場に停めておいた車で家まで帰りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です