フライトログ 2020

投稿日: カテゴリー
TG B747 プーケット

2020年も残りわずかということで、恒例のフライトログをまとめました。

今年の搭乗回数は23回。昨年と比べると大幅に減りました。(とはいえ、このご時世の割には多く乗っているほう?)

My.Flightradar24で地図表示したものはこちら。

表形式のログは以下の通りです。

1/11TG647名古屋(中部)バンコク(スワンナプーム)A350-900 
1/11TG221バンコク(スワンナプーム)プーケットB747-400 
1/13TG218プーケットバンコク(スワンナプーム)B747-400 
1/14TG644バンコク(スワンナプーム)名古屋(中部)A350-900 
1/28JL3105名古屋(中部)新千歳B737-800 
1/30JL3118新千歳名古屋(中部)B737-800 
3/21NH495成田名古屋(中部)A320neo 
7/15NH783大阪(伊丹)長崎B737-800 
7/15OC43長崎壱岐Dash 8-Q200
7/19NH4938対馬福岡Dash 8-Q400
7/197G68福岡名古屋(中部)A320ceo
9/9NH86名古屋(中部)羽田B737-700 
9/9NH85羽田名古屋(中部)B737-700 
9/14NH329名古屋(中部)宮古B737-800 
9/15NH1726宮古那覇B737-800 
9/15NH308那覇名古屋(中部)B737-800 
10/18NU43名古屋(中部)那覇B737-800 
10/18NU607那覇石垣B737-800 
10/20NU622石垣那覇B737-800 
10/20NU46那覇名古屋(中部)B737-800 
12/77G59名古屋(中部)福岡A320ceo
12/7FW15福岡仙台CRJ-700NG
12/7NH370仙台名古屋(中部)Dash 8-Q400
2020年 フライトログ

初訪問した空港は、バンコク(スワンナプーム)・プーケット・壱岐・対馬の4か所。それぞれ他社で同一型式は乗ったことはありますが、タイ国際航空のA350-900とB747-400が初搭乗の機材でした。

飛行機撮影もあまりままならない一年でしたが、飛行機にグッと寄れるスポットでの撮影を楽しむことができました。一か所目は1月に訪問したプーケット空港。西からの着陸機は、ビーチをかすめるようにアプローチしてきます。

TG B747 プーケット
タイ国際航空 B747-400 プーケット空港

もう一か所は、新装オープンした福岡空港国内線ターミナルの展望デッキ。スポットからデッキの目の前までプッシュバックされることがあり、A350やB777クラスの大型機だと、フルサイズ換算で24mm相当の広角レンズでないと収まらないぐらいの近さでした。

JAL A350-900@福岡空港

来年2021年は、新型コロナウィルスの流行が収まり、安心して旅行や飛行機撮影ができる一年になるのを願ってやみません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です